朝日スポーツキッズ

お問い合わせ
Tel.04-7143-4021
トップページ > 1面スポーツニュース

1面ニュースNews

朝日スポーツキッズ 2019年5月の1面話題

相撲少年柏大会

令和初の栄冠へ300人
柏相撲少年団、小学生団体制す

 柏市相撲連盟主催の第21回少年相撲柏大会(柏相撲少年団、朝日スポーツキッズ後援)が5月3日、柏市中央体育館相撲場で開かれた。県内外から約300人が参加し、学年別など12部門の個人戦、小中学生の団体戦で熱戦を展開。東葛勢では、個人戦で小学4年の金澤永和(とわ)君(柏相撲少年団)が4連覇、中学1年の西島悠来(ゆら)君(同)が通算5度目の優勝を果たし、団体戦で柏相撲少年団Aが小学生の部を制した。

金澤永和君4連覇 小学4年 柏相撲少年団

 レスリングと相撲の金澤3兄弟を覚えている人もいるのではないだろうか。長男立空(りく)君(高1)、次男空大(そらと)君(中2)、末っ子の永和君。3~4年前、お笑いバラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」の連続企画「目指せ横綱!金星相撲部」に出演し、人気者になった。
 永和君が小学校に上がる2016年春、公務員の父宏行さんの転勤で青森から引っ越してきた。柏に来てからもレスリングと相撲の両方で頑張っている。
 3歳で始めたレスリングでは、1年のときに全国少年少女レスリング選手権30㌔級プラスで優勝。翌年から3年生以上の大会に変更になり、1年置いて3年のときに42㌔級プラスでチャンピオンになった。
 相撲もめっぽう強い。今大会には1年から出場。個人戦で4連覇、団体戦でも優勝した。
 レスリングと相撲、どっちが好き? 永和君は少し考えてから「相撲」と答えた。「レスリングは長い時間やっているけど、相撲は一瞬の勝負。一瞬で決めないといけないから頑張って練習する。先輩たちも一生懸命、教えてくれる」
 144㌢、56㌔。体はたくましくなったが、愛らしい笑顔はテレビに出ていたころのままだ。


西島悠来君 5度目 中学1年 柏相撲少年団

 幼稚園の年長で相撲を始め、3歳違いの姉、乙花(いつか)さんと切磋琢磨してきた。2017年に全日本小学生相撲優勝大会5年生の部で優勝。白鵬杯でも4連覇するなど数々のタイトルを手にしてきた。
 今春、埼玉県入間市立黒須中学に入学した。親元を離れて合宿生活を送りながら、入間少年相撲クラブで稽古に励んでいる。同クラブは全国制覇もした強豪で、幕内の北勝富士関(八角部屋)らを輩出している。
 今大会は初戦の2回戦から決勝まで5戦し、いずれも安定した取り口で圧勝。小学生から通算5度目の優勝を飾った。「小学生のときは決勝に行くまでに体力を使っていた。今日の試合で体力がついたことを実感しました」。西島君も手ごたえを感じたようだ。
 見学に来ていた大相撲の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)から祝福された。柏相撲少年団の卒団生が佐渡ケ嶽部屋にいる縁で小学3年のころから遊びに訪れ、稽古を見てもらっていたという。西島君の将来性について、親方は「吸収が早いですね。教えたことがすぐに身につく。有望です」と太鼓判を押す。
 西島君の目標も、小学生のときから変わっていない。「大相撲に入り、横綱になりたい」。そのための努力はいとわない覚悟だ。167㌢、110㌔。体も心も成長している。



ソフトボール東葛地区中学生選抜

松戸三中 会心の連覇 2本塁打、投打かみ合う


市川七中0-0-0-1-0-0-01
松戸三中1-5-0-0-1-0-×7


 第29回東葛地区中学生選抜ソフトボール大会(柏市ソフトボール協会主催、朝日スポーツキッズなど協賛)が5月3、4の両日、柏市の逆井運動場で開かれた。予選リーグ1位の4チームによる順位トーナメント決勝で、松戸三中が市川七中に7-1で快勝。2年連続4度目の優勝を果たした。3位決定戦は、常盤平中が古ケ崎中を4-3で下した。
 松戸三中が長打攻勢で二回までに6点。初回に草野光咲さんの本塁打で先制し、二回には幸内帆乃香さんの満塁本塁打で一気に突き放した。
 幸内さんは五回にもレフト線を痛烈に破り、ホームを駆け抜けた。打球がフェンスにはさまる不運で二塁打になったが、すかさず三盗を敢行。捕手の悪送球を誘って生還した。
 右投げ左打ち。パワフルな打撃は豊富な練習量の成果だ。自宅敷地内に屋内練習場があり、ピッチングマシンの球を毎日打っているという。父親の祥人さんによると、屋内練習場は昨年1月に完成。以来、部員たちの自主練習場になっているそうだ。
 先発の大澤那奈さんが7回を投げ切り、1失点と好投した。主将で捕手の大川桜奈さんは、大澤さんの投球について「いつもは高めの球を持っていかれることが多いが、きょうは外角低めにコントロールされていた。90点ぐらい」。大川さんの好リードも光った。
 吉田雄亮監督は、7月の県中学校総体松戸市予選を見据える。「春の大会は常盤平中と小金中に敗れて3位。リベンジしたいですね」。この連覇で確かな手ごたえを感じたようだ。
 大会には東葛地域と近隣の16校が参加。1日目に4チームずつに分かれて予選リーグ、2日目に順位別トーナメントが行われた。





ページトップへ戻る

過去の1面

今月の朝日スポーツキッズ

WEB写真館

SITE MENU

Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.