朝日スポーツキッズ

お問い合わせ
Tel.04-7143-4021
トップページ > 1面スポーツニュース

1面ニュースNews

朝日スポーツキッズ 2018年5月の1面話題

東葛地区中学生選抜ソフトボール大会

東葛地区中学生選抜ソフトボール大会

松戸三が優勝 7年ぶり3度目
古ケ崎との松戸対決制す

 第28回東葛地区中学生選抜ソフトボール大会(柏市ソフトボール協会主催、朝日スポーツキッズなど協賛)が5月4、5の両日、柏市の逆井運動場で開かれ、東葛地域と近隣の16校が熱戦を繰り広げた。決勝は松戸勢の対戦となり、松戸三中が古ケ崎中を4―0で破り、7年ぶり3度目の優勝。3位決定戦は常盤平中(松戸)が南流山中を1―0で下した。

▽決 勝
古ケ崎中
 0000000  0
 000130× 4
松戸三中

 松戸三のエース鳥居早稀さんが、古ケ崎を2安打完封。躍動感のあるフォームから最高球速90㌔の速球を投げ込み、9個の三振を奪った。球威にはもともと自信がある。課題は細かいコントロールという。「キャッチャーが構えているところにきちんと投げられるようにしたい」
 次なる目標は中学校総合体育大会(総体)。まずは7月の松戸市予選だ。「県大会に出場して強いチームと対戦したい」と鳥居さんは闘志を燃やす。
 打撃では2年生の中村怜奈さんの活躍が光った。五回裏に勝敗を決定づける3点ホームラン。準決勝の常盤平戦でも0―2の劣勢から起死回生のサヨナラ3ランを放ち、優勝に大きく貢献した。「素振りは毎日欠かしたことがない」という努力家だ。
 四回に1点を先取して迎えた五回2死一、三塁のチャンス。「ランナーをかえしたいと思って打席に入った」中村さんの一打は、左中間突破のランニング本塁打となった。鳥居さんの投球をもってすれば十分すぎる追加点だった。
 両校は1週間前の県中学生選抜大会松戸市予選会決勝で対戦し、松戸三が3―0で勝っている。吉田雄亮監督は今春の異動で着任したばかり。それが2週続けて優勝の喜びを味わうことになり、「前任の監督がいいチームをつくってくれました」と感謝する。
 総体松戸市予選まで2カ月。吉田監督は「実力は拮抗している。気を抜いたらやられる」と慎重な口ぶりながらも、「引き継いだチームを台無しにしないように頑張りたい」と健闘を誓った。



快挙!米バレエコンクールで

松戸の河野球人君(小5)がTOP6に

米バレエコンクールでTOP6

 松戸市立梨香台小学校5年の河野球人君(11歳)が今春、ニューヨークで開かれたバレエコンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」のプリコンペティティブ部門でTOP6に入賞する快挙を成し遂げた。帰国後、松戸市役所に本郷谷健次市長を訪ね、受賞を報告。本郷谷市長から激励と記念品が贈られた。
 同コンクールは米国唯一のバレエコンで、国籍を問わず各国の予選を通過した9歳から19歳までのダンサーがプロを目指し、1分間の演技時間で競い合う。河野君はキレのある回転や高さのあるジャンプなどが評価され、クラシック男性の上位に食い込んだ。
 母親の由利子さんが練習に通っていたバレエスクールで6歳の頃から一緒に学び始めると、メキメキ上達。父親の和洋さんが野球をやらせたくて名づけた「球人」君は、バレエの世界で才能が開花した。
 「次は3位以内を目指し、将来は、プロダンサーになりたい」と目を輝かせる球人君。そのためにはまず、「柔軟性をつけること」と由利子さんは話す。球人さんは目標に向かって週5日約2時間の厳しい練習に打ち込んでいる。





ページトップへ戻る

過去の1面

今月の朝日スポーツキッズ

WEB写真館

SITE MENU

Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.