朝日スポーツキッズ

お問い合わせ
Tel.04-7143-4021
トップページ > 少年サッカーニュース

サッカーニュースSoccer News

サッカーの今月の話題

第29回我孫子市長杯争奪少年サッカー大会

第29回我孫子市長杯争奪少年サッカー大会

湖北台クラブ市内連覇

第29回我孫子市長杯争奪少年サッカー大会(6年生以下)の決勝が11月19日、五本松運動公園グラウンドで行われ、前回王者の湖北台クラブがFCアミスターを2―0で下し、連覇を達成した。
3位決定戦は1―1の末、PK戦を4―2で制した高野山SSSが三小キッカーズを下した。
大会には市内10チームが参加し、20分ハーフの11人制、トーナメントで優勝を争った。
連覇を狙う湖北台はこの学年でアミスター相手に今まで一度も勝利したことがない。
試合は前半、鈴木蓮太郎君の左サイドからのクロスを、深山侑誌君が中に走り込み頭で合わせ先制。同点に追いつきたいアミスターも猛攻を仕掛けるが湖北台守備陣に阻まれゴールを奪えない。
勢いに乗った湖北台は後半にも左サイドの深い位置から鈴木君がグランダーのセンタリングを入れると、斉藤永遠君が合わせ追加点のゴールを上げ、試合を決定づけた。湖北台のサイドを起点とした攻撃と全試合無失点で抑えた守備陣の奮闘が光った戦いだった。
試合後、湖北台の中村剛教監督は「この学年は今までタイトルに恵まれてなかったが優勝できてよかった」と学年初タイトルを喜んだ。守備で奮闘したキャプテンの小原澤秀親君は「みんな集中していて決勝では、サッカーを楽しめました」と苦手のアミスター対戦を制し喜びを爆発させた。




ページトップへ戻る

今月の朝日スポーツキッズ

WEB写真館

SITE MENU

Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.